素早く痩せる!脂肪吸引で理想のカラダをGET

女の人

意外な症状への効果

注射中の女の人

しわの他にもある効果

ボトックスと言えばしわとり治療で有名ですが、意外にも違う症状への効果を持っているのですが、それは多汗症と軽いわきがです。肝腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があるのですが、エクリン腺のほうは全身に分布しており粘りのないさらっとした汗でほとんど臭いませんが、アポクリン腺はわきやへそ周りなど特定の場所にあり脂肪やアンモニアを含んだ粘性の汗で、混じり合うことで時間が経つと菌が繁殖して嫌な臭いを発生させます。これらの汗はアセチルコリンという物質によって発汗を促されています。ボトックスはこのアセチルコリンの分泌を抑制することで過剰な汗を防いで、多汗症や軽度のわきがに一時的ではありますが治療を行う方法です。

多汗症や軽度わきがを治す

夏になると服に汗じみを作ってしまう方や、緊張から多量の汗をかいてしまう、手汗・足汗が酷い方、軽度のわきがの方などにボトックス治療は適しています。ボトックスの治療効果は3、4ヶ月は続くので、実際に夏の暑い時期の前に受けに来る方が多いようです。また施術部位はわきの他にもおでこや手足やうなじなどの汗を沢山かきそうな場所にも及んでおり、これらの場所の多汗症を治療できるのはわき以外ではボトックスだけです。施術後2、3日から遅い人でも1週間程度で効果が表れてきます。また、汗を止めてしまうことでの健康被害を心配する向きもありますが、例えばわきの汗が少なくなってしまっても他の汗腺に分散されるだけなので心配はいりません。